双極性障害の原因と治療方法の知識を身につけよう

双極性障害情報サイト

適切な治療をする

悩む男性

治療の基本

双極性障害を改善するために、薬物療法が行なわれます。躁鬱病になっている時には、気分安定剤を使用して、高まる気分を落ち着かすことが出来ます。気分安定剤には、気持ちを抑えるリチウムが含まれています。摂取前には、血液中に含まれているリチウムの濃度を確認することが大切になります。リチウムが血液中に含まれていると、双極性障害の症状を抑えることが出来ます。双極性障害になる原因の中には、重度の鬱病から躁鬱病になることもあります。そういった時には、鬱の症状が高い時があります。鬱の症状が強い時には、抗うつ薬を使用することで鬱の症状を抑えることが出来ます。双極性障害を改善するためには、急性的な症状を抑える治療方法や長期的に治すために継続して治療をする方法や再発予防のために治療をする方法があります。原因によって治療方法が異なります。適切な治療を受けるためには、専門的な治療を受けることが大切になります。

気をつけること

治療をしている時にはいくつか気をつけることがあります。双極性障害は、とても再発しやすい病気です。治っても再発防止のために、医薬品を摂取することが大切になります。症状がなくなった時に自己判断で薬をやめることがないようにしましょう。再発をすると、治療をまたしないと行けないので、大変危険です。しっかりと原因を追求して適切な治療をすることが大切になります。鬱の原因になっているストレスは解消することが大切になります。また、鬱が治ってもストレスを感じないように生活することが重要になります。

双極性障害は遺伝もある

双極性障害とは躁鬱病の別称です。躁と鬱状態を反復して引き起こすことが知られています。この双極性障害ですが、躁と鬱状態という精神疾患によく聞く名前のため、心が原因と考えられてきました。しかし近年、脳が原因で引き起こされているのではないかと考えられるようになってきたのです。 なぜ脳が原因と考えられるようになったかというと、死亡した患者の脳を調べた所、脳の一部が萎縮しているのがみつかったようです。また、双極性障害の患者の中には家族性に発症する人もいます。これから遺伝も関係していると考えられてました。しかし一概に脳と遺伝だけとは断定することができないため、双極性障害は脳、遺伝、性格、環境、体質など複雑にからみあった結果だと考えられています。

ストレスが大きな原因を占める

いくら遺伝や脳の状態、環境が原因といっても、きっかけとなるのは大きなストレスが原因のことが多いようです。人生の中での大きなイベントが起こると、人は少なからずストレスを受けます。それが良いことでも悪いことでもです。よく聞くマタニティブルーなどは産後のホルモンバランスの乱れとライフスタイルの変化によるストレスが原因となっています。 生活リズムが乱れている人も発症しやすいといわれています。脳は日光を浴びることで脳内時計をリセットし、ホルモンの分泌を行います。しかしライフスタイルの乱れで体内時計が狂ったままだと脳から覚醒と睡眠を促すホルモンがうまく産生されません。これが原因となることもあります。 また性格的に双極性障害になりやすい人もいます。意外かもしれませんが、人当たりがよく、気がきいてユーモアがあり、物事に一生懸命な人がなりやすいといわれています。

↑ PAGE TOP