双極性障害の原因と治療方法の知識を身につけよう

双極性障害情報サイト

リスクを知る

シルエット

再発を予防する

双極性障害を改善するためには、正しい知識や治療方法、原因などを知っておくことが大切になります。双極性障害は、躁鬱病ともいわれ、鬱状態と躁状態が交互に出てきます。躁状態から鬱状態になった時が一番危険で、躁状態の自分を振り返り、自分を激しく責める事があります。躁状態になると、自分を抑えることが出来なくなります。自信過剰になり、思ったことを全てやろうとするので、周りに迷惑をかけます。迷惑をかけた事に対して鬱の時に思い出すと精神や自己破壊をする行動に出ることもあります。双極性障害には、二つの気持ちが一度に出る時があります。気持ちは落ち込んでいるけど、何かしないと落ち着かない状態になります。二つの気持ちがある時のことを混合状態と言い、自ら命を経つ人が多くいます。双極性障害になる人は、日本だけでなく、海外の人にも起こっている病気の一つです。原因もそれぞれで、治療方法も異なりますが、基本的な薬物療法は同じです。

双極性障害は躁うつの症状を繰り返します

双極性障害は再発しやすく、完治してもしばらくは薬物療法を続けることが大切になります。躁状態になると信じられない行動を取ってしまうので、継続して治療することが必要になります。医師の判断を仰いで、治療薬が必要なのか確認しましょう。再発防止をするために、原因であるストレスを食事で解消することも出来ます。バランスよく食事することが大切です。ビタミンcなどはストレス発散に効果的です。睡眠を充分にとることも原因を解消することに役立ちます。

社交的で責任感の強い人は生活のリズムが崩れると発症しやすくなります

双極性障害は躁うつ病ともいわれ、異常に気分の盛り上がる時と、急激に沈み込む気分の波が大きくなることで起きる障害です。双極性障害の原因はいくつかあります。遺伝的要素として、単体の遺伝子異常ではなく、いくつかの遺伝子が組み合わさって躁うつの症状を作り出しているといわれています。セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内情報伝達物質のバランスが乱れることで、感情をコントロールできなくしています。また、環境的要素としては、慢性的なストレスが続く生活環境により、身体的、精神的苦痛が双極性障害を生み出すといわれています。この症状は単極性障害にも同様のことがいえます。双極性障害の原因はすべて解明されたわけではなく、未だ未知な所が多くあります。そのため、特定の原因を見つけるのが難しい病状といえます。

双極性障害を引き起こす原因に、病前の特有の性格があると言われています。日頃から社交的でユーモアがあり、心配りのできる人や、現実的志向性が強い人は、すべての人ではありませんが、注意が必要です。生活リズムが崩れ出すと、最初に抑うつが先行して発症します。抑うつ症状のみの単極性障害は自覚することができますが、躁の症状は気が付きにくいものです。何かきっかけにより単極性障害から、躁うつ症状の双極性障害へ移行していくことがあります。原因として挙げられるのが、抑うつの急性の発症です。突然の抑うつ状態から感情が乱れ、比較的重度であればあるほど、双極性障害へ移行しやすくなります。また、幻覚や妄想などの精神病の症状を伴っていると、同様に躁うつへ症状が移行することがあります。症状の変化に伴い、新たな治療法を探すことも大切です。

↑ PAGE TOP