双極性障害の原因と治療方法の知識を身につけよう

双極性障害情報サイト

受診して改善する

悩む人達

一緒に受診

双極性障害で躁状態やうつ状態でも本人と家族や身近に居る人の捉えからや受け止め方は異なります。鬱の状態では、患者さん本人でも辛さや悲しさなどの感情を自覚することが出来ます。しかし、躁状態の場合は、自覚できていません。そのため、精神科に行く時には、正しい情報を医師に伝えるために、一緒に受診することが大切になります。患者の話しだけでなく家族や仕事場の人などから生活状況を知ることが大切になります。治療を受ける前に、周りの人に話を聞いて、受診する方法もあります。正しい情報を収集しておくことで、原因や適切な治療方法などを判断することが出来ます。双極性障害で受診するときに必要な情報として、家族や家系のなかで、精神障害や双極性障害になったことがあるのか、躁状態があった時の様子や鬱病になった経験があるのかなどの情報が必要になります。鬱病の経験がある場合は、使っていた薬や治療方法、原因などを参考にすることが出来るので正しい情報を伝えるようにすることが大切になります。

家族から受診する

双極性障害の疑いがある時には、家族から精神科での治療を進めることがあります。そういった時には、適切なタイミングや接し方などがあります。うつ状態の時には、精神的に辛い状態を楽にするために、受診を進めるようにします。躁状態の時には、気分が良い時があるので、精神科に進めると怒りが爆発することもあります。その時には、家族だけでも医師に相談する方法もあります。原因や様子を伝えることで治療に対して適切なアドバイスをもらうことが出来ます。早期発見や原因によっては、適切な治療をすることで、すぐに治すことが可能です。双極性障害を治すために、原因であるストレスを解消する方法を知ることも重要です。

↑ PAGE TOP