双極性障害の原因と治療方法の知識を身につけよう

双極性障害情報サイト

鬱病の特徴

4人の看護婦

双極性障害の内容とその症状

ストレス社会になっている現代では、会社や家、人間関係によって、ストレスを感じることが多くなっています。ストレスは生きていく以上、受けることになるので、上手に付き合っていくことが大切になります。それぞれで、解消方法を持っている人がいますが、中にはストレスを溜めこんでいる人もいます。溜め込むことで、色々な病気になる可能性が高くなります。得に鬱病になる可能性が高くなります。鬱病は、心の風邪と言われ、多くの人がなる可能性が高い病気です。鬱病の中でも双極性障害という病気があります。双極性障害は鬱病とは、違いうつ状態だけでなく、躁状態になることもあります。うつ状態では、気持ちが落ち込んで、憂鬱な気分になります。躁状態では、異常に気分が良い事を言います。口数が増えることやテンションがハイになって活動的になります。中には、自信過剰になって、夜中でも動き周ります。色々なことに興味がわき、手をつけることが多くなります。集中して行なう事が出来ず、仕事場や家庭で、周りに居る人を困らせる行動を取ってしまうこともあります。

具体的な原因とその治療方法

双極性障害の原因として、環境的な部分が挙げられます。住む環境や周りに居る人の影響などによって、鬱病にかかりやすいことがわかっています。双極性障害に関して正しい知識を身につけて、治療をすることで、改善することが出来ます。治療をする時には、精神科や神経科などに通い診察をすることが大切になります。

双極性障害と聞くとピンとこないという人も多いかもしれませんが、実はこれは世間一般で言う躁うつ病のことです。双極性障害、躁うつ病とは躁状態とうつ状態が交互に現れることが特徴です。その内容は人それぞれ異なってくることではあるのですが、躁状態の時には睡眠時間が比較的少なく、やる気が満ち溢れていることが多く、その程度によってこの双極性障害の進行状態をはかることができます。ひどいケースになるとこの躁状態の時にただやる気の向くままに動き回ったり、仕事に向かうことで、周りがついていけなくなってしまいます。気が付いたときには周りとの距離が開ききってしまっていたということもあるので非常に厄介な症状でもあります。

双極性障害の原因は実はまだ解明されていません。双極性障害とよく似た部分のあるうつ病の場合はストレスや過度の疲労などが原因と言われていますが、双極性障害の場合はストレスばかりが原因とは言い切れないのです。もちろん、ストレスが何かしらの要因となっている可能性が全くないというわけではないのですが、直接的な関係がないので何とも言いようがないのです。 ただ、双極性障害の治療を始める際、よりスムーズに受診、治療を進めていくにはやはりストレスは少ないに越したことはありません。できるだけ休みをとって、今までの環境を変えてみる、よりストレスのかからない場所で治療を始めてみるなど、原因がわからないなりにもやりようはあるものです。

適切な治療をする

双極性障害を治療する時には、原因を知ることで、適切な治療をすることが出来ます治療方法は、症状によっても異なります。鬱病とは違う方法で治療をします。主に薬物療法で治療していきます。

詳細を読む

リスクを知る

双極性障害になる原因はいくつかありますが、治療をしなければ症状が悪化してしまします。悪化するといろいろな症状になります。症状を知っておくことで、鬱病になっているのか見分けることが出来ます。

詳細を読む

受診して改善する

双極性障害の疑いがある時には、専門的な病院を受診する必要があります。原因がなんで合ったとしても鬱病を治すことが出来ます。医師に相談して、早く治療を受けることが大切になります。

詳細を読む

↑ PAGE TOP